台灣光華雜誌 [第45卷 第12期]:原藝綻放

點閱:1

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2020.12

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268


本期內容簡介
 
【表紙説明】
伝統工芸を現代美学の角度から解釈すれば、原住民文化はさらに輝きを増す。(林旻萱撮影)
 
【原住民族が教えてくれること】
以前、原住民の友人から言われたことがある。「原住民集落では至る所に知恵があり、あなたにとっては子供も先生になるかもしれない」と。集落に「学ぶ」というのは、かつての人類学者の「研究」とはまったく違う考え方だ。もはや集落は、分類され分析される研究対象ではなく、平等な存在であり、双方がともに参加し、分かち合う動態的なプロセスである。そして集落という活きた教室に実際に足を踏み入れ、実地に自ら体験することで原住民族のさまざまな知恵に触れられ、それが自然に頭に刻み込まれる。
今年(2020年)8月、「光華」と台湾アジア交流基金会、国立政治大学東南アジア研究センターが共同で、座談会「集落から世界へ——原住民族の映像・音楽再発見」を開催した。会場には初めて台東美術館をお借りし、オーストロネシア系諸族の文化を研究する専門家や文化人が一堂に会した。1泊2日にわたってオーストロネシア文化に関して議論するとともに、原住民アーティストには東南アジアや太平洋諸国との交流の経験をお話しいただいた。
「光華」は長年にわたって原住民族に関するテーマを扱ってきた。早くも1983年6月号には「青山緑水間、歌声好悠揚——信義郷」という記事があり、信義郷の原住民族の暮らしを紹介している。1993年12月号は「回到部落V S.愛在他郷」と題するカバーストーリーで、新北市汐止の樟樹湾にある「山光地域」に暮らすアミ族の暮らしを取り上げた。原住民族をめぐるテーマは、エスニックの起源、歳時や祭儀、経済と生産、芸術文化、社会運動など豊富かつ多様で、これらの報道を通して読者は原住民文化の素晴らしさに触れることができる。「光華」今月号のカバーストーリーでは、原住民族の音楽や演劇、工芸、建築の伝統とイノベーション、そして生活の知恵の継承を取り上げる。原住民族の芸術の美は、人と人、エスニックとエスニックの距離を縮めてくれるものだ。
今月号の「台湾をめぐる」シリーズでは、自転車で恒春、墾丁、鵞鑾鼻、阿朗壱古道をめぐり、またかつてローズウッドの伝統家具の生産地として知られていた桃園大渓を訪ねる。また、昨今注目のポッドキャストに関する記事もある。著名なプロデューサーやメディア関係者に台湾におけるポッドキャストの発展や番組作りの秘訣などをうかがう。そして、今年も「唐奨」の受賞者が発表された。どのような世界貢献が注目されたのかお読みいただきたい。また、移民署による「新住民および子女ドリームプログラム」から、どのような物語が生まれたのか、これらも今月の「光華」でぜひお読みいただきたい。

台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。

  • 月月好讀 Variety Pages(p.50)