台灣光華雜誌 [第48卷 第6期]:「樹」說島嶼

點閱:2

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2023.06

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268

【表紙説明】
  表紙説明:たくさんの樹木に覆われた台湾で、木々は人々の暮らしに寄り添い、島の昔からの物語を語ってくれる。(林格立撮影、劉俊良デザイン)
 
【台湾の日常を知る】
  「私の知る限り、台湾には神木(巨木)の群生地が少なくとも60カ所あり、アクセスしやすい棲蘭、司馬庫斯、鎮西堡などの群生地にも必ず『ボス』(胸高直径最大の木)がいますが、見つけるのは容易ではありません」と、『神木誌』の著者である黄昭国は台湾の巨木について語ってくれた。都会からほんのわずかな時間で原始林に行ける。こんな台湾のような所は世界中を探してもなかなかない。
  今月のカバーストーリーでは「天にとどく巨木」「都市の植樹計画」「木と人々の暮らし」「植樹、森林復元」などの話題を通し、この台湾に暮らす人と木の関係を紹介する。また専門家などへのインタビューで、自然との共存という理想の姿を提示する。
  人々の生活と関係が深いものとしては、ほかにも「台湾沙茶」と「白粥と小皿料理」を紹介する。多くの料理に欠かせない調味料は、どのようにして一般家庭の食卓に登場するようになったのだろう。また、一口食べれば誰もがほっとする白粥は、どのように発展し、時代の記憶を留めてきたのだろう。今月は、これら台湾独自の味を再認識していただきたい。
初めて台湾に来た外国人は、民間信仰のさまざまな習慣を見て、台湾人が何を拝んでいるのか、それが日々の暮らしとどう結びついているのか、知りたくなるだろう。神を敬う台湾人の思いを理解していただければと思う。
「台湾の竹林のざわめきや蒸し暑さまで描き切れるのは、彼(藍蔭鼎)しかいません」と国立成功大学歴史学科の蕭瓊瑞・名誉教授は語る。そしてもう一人、廖継春を加えて、台湾西洋美術史初期の画家二人を紹介する。専門家の解釈も交えながら、台湾美術のすばらしさを見つめ直したい。
  今年(2023年)3月に台北世界貿易センターで行われた台北国際工作機械展(TIMTOS)では、「グリーン省エネ」「スマートネットワーキング」「フレキシブル生産システム」「デジタルシミュレーション」など、台湾が優位に立つテーマが披露された。では今回の工作機械展の目玉は何だろうか。またスマートマニュファクチャリング、グリーンサプライチェーンといった台湾の強みを、バリューチェーン全体とどう組み合わせ、ソリューションを提案していくのだろうか。台湾機械工業同業公会の許文通秘書長がそれらを深く掘り下げ、台湾工作機械の未来を示してくれる。
台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。
  • 來自地方的明信片 老梅綠石槽
  • 編者的話 走進台灣生活日常
  • 月月好讀 Variety Pages
  • 影像對話 《光華》攝影徵件 縱橫經緯之間──台灣纖維植物與生活中的編織藝術
  • 全球視野 智慧製造.綠色產業 台灣工具機產業優勢
  • 藝文脈絡 畫我台灣的新美術時代 寶島藝術家──藍蔭鼎、廖繼春
  • 產業新創 台電破繭創新 擁抱藝文,與民對話
  • 多元族群 台灣人拜什麼 民間信仰的多神宇宙