台灣光華雜誌 [第48卷 第7期]:他們為島嶼說書

點閱:1

並列題名:Taiwan panorama

其他題名:光華

作者:陳亮君總編輯

出版年:2023.07

出版社:光華畫報雜誌社

出版地:臺北市

格式:PDF,JPG

附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268

本期內容簡介

【表紙説明】
  先達の作家たちのたゆまぬ創作が、台湾の文化的な自覚と自信を呼び覚ました。写真は黄土水の作品「釈迦出土像」。(林旻萱撮影、劉俊良デザイン)
 
【台湾の姿かたち】
  今月号の『光華』では、古道研究家の徐如林、建築学者の堀込憲二、食文化作家の曹銘宗、長年台湾美術史を研究してきた蔡家丘など、各界の専門家にお話をうかがった。長年にわたり文学・歴史資料の収集と吟味をされてきた経験を踏まえながら、それぞれの方々が、登山古道を実地踏査、古い建築物の装飾タイル芸術を探訪、移民の食のコンテクストのフォローアップ、台湾本土美術史の遡及という領域で、読者が台湾が内に秘める精緻な美と多様性に目を向けるためのサポートに努めてくれた。
辦桌業界で30有余年の辦桌経験を持つ阿隆シェフ、『グランドシェフの辦桌』の著者・黄婉玲、中央研究院台湾史研究所・副研究員の曽品滄が、台湾現地の特徴を明らかにすべく、「マグロ解体ショー、カラスミとアワビが盛り付けられた前菜、一品封肉、フルーツの三段盛り合わせ」といった台湾式辦桌の湧き上がる情熱と豪華な饗宴を知ることで、 読む者を台湾式辦桌の在地文化に誘導してくれるだろう。
また、今期の『光華』では、小琉球をご紹介する。現地でウミガメに出会え、海洋、地質、漁村文化の観点からツーリズムと生態の持続可能性の問題を探り、熱帯島嶼である小琉球の立体的躍動感を読者の前で再現した。今年(2023年)3月、韓国の慶州国立公園特別代表団が台湾を訪問し、我が国の国立公園スタッフと実務交流を行った。台湾と韓国は、国情も生態環境も異なる。『光華』取材編集スタッフは、特別に同行取材が許され、両国の管理と関連施策の「共通点」と「相違点」を確認することができた。
農業委員会食糧署は、2年に一度、6,000余の生産販売グループから農業のトレンドや農業ハイテクの活用に沿った優秀生産販売グループを選出している。今月号の『光華』は、高い評価を受けた「南投県集集鎮竹筍生産販売グループ」および「高雄市永安区水産養殖生産販売第9グループ」を取材した。前者は、栽培とコールドチェーン技術の運用により四季を通じたタケノコ生産を可能とし、後者は、海の潮の満ち引きを利用した養殖場を利用してツバメコノシロやタマカイを養殖しながら多様な産品を開発し、国内外の販路を拡大し、台湾の伝統産業に新たなビジネスチャンスを見出した。
これとは別に、EUは昨2022年4月にデータ利他主義の概念を打ち出しグローバルな話題となった。台湾は、デジタル発展省の設立に合わせて、社会イノベーション実験センターも2.0を迎えるに当たり、データ利他主義に向けて動き出すことになった。今月号『光華』では、デジタル発展省の唐鳳部長と関連NGOにインタビューを行い、昨今のデータ公益の波の中で台湾がどのような役割を果たすことができるのかを探る。その適用範囲と実践例とは?今月号で詳しくご紹介する。
 
台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。
 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。
  • 來自地方的明信片 美濃野蓮
  • 編者的話 台灣的面容
  • 月月好讀 Variety Pages
  • 影像對話 《光華》攝影徵件 登山者的足跡──看見百岳之美
  • 全球視野 台韓國家公園創新局 首簽MOU,深化國際交流
同書類書籍